櫻井翔くんの英語力、発音がすごいと評判。しかし私は一言物申したい!

櫻井翔は英語もペラペラ?

イケメンで高学歴、歌にダンス、MC、そしてキャスターもこなすスーパーパーフェクトアイドル櫻井翔くん。オリンピックキャスターまで務め、英語で取材したりして本当になんでもできるんだなぁ、と毎度感心しますし、ますます尊敬してしまいます。しかし、そんな翔くんの英語力、そして発音の実力は一体どうなんでしょうか?

スポンサーリンク



 4季連続オリンピックキャスターを務めた

翔くんは、ZEROでキャスターを務めていることから、北京五輪(2008年)、バンクーバー五輪(2010年)、ロンドン五輪(2012年)、ソチ五輪(2014年)となんと4季連続で日本テレビのオリンピックキャスターを務めています。ただでさえ忙しいのに、海外に飛んだり日本に戻ったり、時差でつらいでしょうに本当にすごいですよね。

NEWSポストセブンによると、北京五輪のときの日本テレビ番組プロデューサーが、翔くんは忙しいのに休むこともなく、ご飯に誘っても断って、違う競技を見に行ったり、しっかり寝て備えたりしていた、と語ったそうです。しかも取材をするにあたって関連記事や書籍映像など膨大な資料を読み勉強し、資料にたくさんの付箋をはさんでいたのに、実際の取材の時にはそれを手に持っていなかったというのです。それらの情報を全部頭に入れていて、取材では臨機応変に相手の話を聞くことに努めていたとのこと。か、かっこよすぎる(●´Д`人´Д`●)♡

こちらはソチオリンピックの時の翔くん。なにこのイケメン!!絵になりすぎでしょ!

sochiolympic

櫻井翔ファンにちょっと言いたい

オリンピックキャスターをやるとなると、もちろん海外の方へのインタビューでは英語力が問われるわけです。いくら学歴が高く成績が良かったとしても、英語の読み書きができることと、実際に話せるかどうか、というのはまた別問題ですよね。

翔くんは実は最初の北京五輪でキャスターを務めた時に、英語力が足りないと感じ、週に2回英語のレッスンを受けていたそうです。どこまで努力家なんでしょうか・・・!!

そしてオリンピックの取材ではもちろんのこと、コンサート中にも英語で話す演出があったり、また2013年には映画「謎解きはディナーのあとで」で、その舞台となったシンガポールにてインターナショナル・プレミアが開催され、そこでも英語を披露していました。さらに昨年の東京国際映画祭にもPR大使としてサプライズ登場し英語でスピーチ!その櫻井翔の英語力、発音に関してどうもファンのみなさんはべた褒めのご様子。

36d331324c42806bfda4efbfecf5e45ckokusaieigasa

しかし私は言いたい、ちょっと待て、と。英語が好きで子供のころから英会話を習い、英語だけは成績優秀、留学も経験している私からはっきりいいましょう、翔くんの発音、上手ではないです!!!!!(笑)みなさん、英語しゃべっただけですごい!!って思ってしまうのでしょうか。

もう有名な話でみなさんご存知だと思いますが英語の発音というのは大人になってからの勉強では身につきません。幼い間に耳から吸収し発音しておかないと、どうやったって本物の英語の発音は無理なんです!もちろん限りなく近づけることはできるでしょうけどね。えらそうに翔くんの発音上手ではないです!って言ってますが私だって発音は上手ではないです。ネイティブの発音なんてできるわけないんですよ。また英語を話すためには発音の良し悪しだけではなく英語力もいりますね。使える語彙の多さ、文法、習った英語ではなく実際に使われている話し言葉かどうか。いろんなことひっくるめて英語力なんですよね。翔くんは確かに流暢に話しています。発音もカタカナ英語にならないようにしています。外国人の方にも通じています。

スポンサーリンク



しかし、上手か下手かといえば下手ですね、これはいくら翔くんファンでも私は嘘はつけません[壁]∀・)チラッ まぁ、どこから上手というかその線引きは人それぞれなので、上手だという人もいるでしょう、あくまでもこれは私の個人的意見です。

英語というのは発音だけでなく抑揚やリズムがあるのでこればっかりは簡単には上手にならないんですね。仕方のないことです。しかし、北京オリンピックから週2ペースであそこまでスラスラと話せるようになったのはさすが、翔くんだと思います。頭の良さと努力があってのことだと思います。外見も中身もほんとかっこいいです♡

シングリッシュはたまたロシア語も?!

先ほどもチラッと書きましたが、2013年、翔くんは映画「謎解きはディナーのあとで」の宣伝でシンガポールへ行き、共演の北川景子さんとともに英語を披露しました。その中で翔くんはシングリッシュと呼ばれるシンガポール独特のアクセントを織り交ぜ、マレー語でもありがとうを意味する「テリマカシー」と挨拶したそうです。英語だけでなくシングリッシュも勉強していくなんてすごいですね。発音がどうこうではなく、そういった努力、現地の人へのサービスを忘れないところが櫻井翔の素晴らしいところだと思います。

nazoD

また以前「嵐にしやがれ」で ロシア語を披露したこともありました。ソチオリンピックの前だったので荒川静香さんをゲストに迎えていたのですが、番組で出てきたロシア料理店の店員さんに「ロシア語話してもいいですか?」と言い出し「初めまして、櫻井翔です」とロシア語で自己紹介。食べたあとに「とてもおいしいです」をロシア語で伝え「来週から(ソチでは)これで過ごします」とドヤ顔を見せていました。可愛すぎです♡ソチでの取材に向けてロシア語も勉強していたんでしょうね。本当に努力家です。

なんでもできるのではなく努力を惜しまない翔くん

アイドルであることに驕ったりせず、与えられた仕事に全力で向かっていくのが櫻井翔なんですね、今回いろいろ調べてさらによくわかりました。当たり前のことかもしれませんが、そんな当たり前のことをできている人が現代の日本でどれだけいるのでしょう?ましてや嵐のように毎日たくさんの仕事に追われているスーパーアイドルです。休みたくもなるはずなのに時間を見つけて勉強するなんてなかなかできることではないです。

今回は英語にはうるさい私なので少し辛口コメントもしましたが翔くんがすごいと思っていることには変わりないです。ますます大好きになりました(●´∀`)♡

スポンサーリンク



 

関連記事はこちら!:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ