年の差13歳!櫻井翔くんの弟も慶應というエリート兄弟

櫻井翔くんの弟くんも慶應ボーイ!

翔くんの家族については以前もとりあげました。翔くんには弟くんがいて年齢が13も離れています。そして翔くんと同じ慶應大学経済学部!頭のいい兄弟なんですね。お父様は東大卒ですからやはり遺伝ってすごいですね。もちろん遺伝だけでなく本人の努力もあるでしょうけど・・・そんなエリート兄弟の二人の関係について少し調べてみました♡

スポンサーリンク



写真が出回ってしまった櫻井翔弟

前にも言いましたが翔くんのくんはお父様のような官僚でも有名人でもなんでもないので、名前も写真も出回ってますが私は書かないし載せません。(調べればいくらでも出てきますが私のポリシーです)ですのでここでは櫻井翔弟と呼ばせていただきますね。

2013年の週刊誌で櫻井翔弟について記事が書かれました。櫻井翔弟は慶応大学のラグビー部だそうで週刊誌に取り上げられて以来、翔くんファンがラグビー部のHPへ殺到し、現在では櫻井翔弟の画像は削除されているそうです。翔くんに似てイケメンでラグビー部だけあって上半身の筋肉むきむきだそうですよ( ´∀`)高校でもラグビーをしていたんだそうですが最後の県予選決勝で敗退し、花園への夢が消え悔しがっていたそう。そんなに好きで頑張ってきたからこそ慶應に入った今もラグビーを続けているんですね。

しかし翔くんの弟というだけで一般人でもこんなに情報が出てしまうんだから大変ですね。翔くんに近づきたいがために櫻井翔弟に近づくような人もきっと中にはいるでしょうね・・・(-_-)

翔くんは弟を溺愛している

翔くんは弟を溺愛していると言っているようで、弟くんにお年玉をあげてたり、誕生日プレゼントをあげたりしているそう。もちろんラグビーの試合もお父様と見に行ったりしているそう。そしてご両親が忙しくてかわりに参観日にいったこともあるとか。また、学校で嵐の曲を歌うことになった櫻井翔弟のクラスの子達全員にのCDをプレゼントし、しかも、先生に頼まれて一日だけクラスに歌を教えにいったこともあるんですって!先生羨ましすぎます!!!あ、でも先生が女性かどうかはわからないか。

13も離れていますからそれはカワイイでしょうね♡もちろん翔くんは妹さんも可愛がっているようです、お正月に一緒にスキーに行っていたくらいですから仲良しなんでしょうね。二人とも自慢のお兄ちゃんなんだろうなー。でも友達とかに紹介して!とか言われたりして大変そうですね。

スポンサーリンク



翔くんの女装が可愛くて!

さて、ここ最近毎度、嵐の番組の感想を書いている私です。今日は嵐旅館の感想ですっッ♡翔くんがおもてなしするの間。最初のお客様はアレクサンダ&岸博幸さん。いやーちゃらいわ、アレク。翔くんの困った顔が可愛くておもしろくて大笑いでした。

kaeritee

その後アレクの希望でセーラームーンのコスプレをさせられることになった翔くん。翔くんはセーラーマーズでした。その可愛い衝撃のコスプレがこちらッッッ!↓

se-ra-mars

可愛すぎる!!女の子のメイクはせずにこの完成度ですからね、ちゃんとメイクしたらどんだけ可愛いんでしょう。アレク、チャラいけどこのお願いはナイスだわっ!!は~セーラー翔マーズに折檻されたいわ~

そして次のゲストが高田純次さん(笑)適当なお客様はすべて櫻の間に通される、とのことです。翔くんどんまい(笑)

SYO SAKURANOMA WITHTAKADAJYUNJI

こんなことをやらされたり、お風呂に呼ばれていったら高田純次さんが女性の裸のマネキンと入っててマネキンの背中を流せといわれたり、、とにかく振り回されまくる翔くん、可愛すぎました。ほかの嵐メンバーの間も、それぞれ味が出てて全体的に楽しめましたね。個人的には、相葉ちゃんが壁ドンやったももクロが翔くんのゲストじゃなくてよかったです(笑)あー、お正月特番、最高でした!♡私も櫻の間に泊まりたい!!

翔くんみたいなお兄ちゃんがいるって…

私には兄はいません。欲しいな、と思ったことはありますが、それが翔くんだったら・・・めっちゃ憧れますね!嬉しすぎて自慢しまくるかもしれませんがそのうち紹介して!の嵐に嫌になるかもしれません。嵐だけに。(←うまくない)

私のお兄ちゃん嵐なの。って言ってみたい!でも兄弟だったら付き合えないですしね。(兄弟じゃなくても付き合えないだろ!とか現実に引っ張り戻すのはやめてください)あ、相葉ちゃんの妹とかだったら家に翔くんきてくれるかも!!お兄ちゃん、夜中にうるさい!(バン!)あ!翔さん!!来てたんですか!♡的な。すみません、また妄想モードに突入していました。今日はこの辺で。ちゃおちゃお!笑

スポンサーリンク



関連記事はこちら!:

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ