ジャポニズムツアーで櫻井翔がソロ中にミス、笑った人に苦言…

ジャポニズムツアーのDVD発売はまだか~!!

と首を長~~~~~~くして待っていますが、まだいつ出るか発表はありませんね。私は2015年のジャポニズムツアーで見た櫻井翔くんのソロがかっこよすぎて忘れられないので早くDVDで見たいんですが・・・。

スポンサーリンク



私が見たときはパーフェクトな櫻井翔のソロだったのですが、ある公演のソロ中に、ミスがあったそうで、そのミスを笑った人がいたんだとか…悲しい話ですね。そしてそのことについて翔くんが苦言を呈したことが以前ネットで話題になっていました。今更ながら気になったので、どんなミスが起こり、翔くんはなんと発言したのか調べてみました。

ジャポニズムのソロはみんなすごすぎた!!

櫻井翔くんのミスした話の前に、このジャポニズムツアーのソロがいつも以上にすごかったことをお伝えしたいです。去年、ジャポニズムのコンサートにいった後に、感想ブログを書きましたので、そこでも書いたとは思いますが改めて語らせてください!!

DVD出るまで、ネタバレやめて!という方は次の【】内は読まずに次へいってくださいね。

【さて、嵐の全員が、それぞれ”技”を見せつつ歌った今回のジャポニズムのソロ。ひとりひとり見ごたえがあり、いろんな意味でドキドキさせられました。松潤は寸劇をしつつ舞台を縦横無尽にかけめぐり、はらはらドキドキするスタントを見せてくれました。終わった後は当然汗だくだくで、松潤すごい体力だなぁと感心しきりでした。

相葉ちゃんは、エアリアルティシューでぶら下がって様々な技を見せてくれました。歌は「Mr.FUNK!Mr.FUNK!」とみんなで声をあげて応援するところもあり一体感抜群!エアリアルティシューというのは、吊り下げられた布にぶら下がりいろんなポーズをとる屋内スポーツだそうです。ものすごい体力と体幹と力がいると思われます。落ちやしないか、とハラハラしながら見ました。

ニノはステッキをもちながらタップダンス。これがとにかく可愛いのなんの。歌も可愛くて、見事なパフォーマンスできゅんきゅんしました。

リーダーは、和傘とお面を使った手品のようなものを披露。なめらかな動きと次々出てくる傘と面に見とれ、もちろん歌が始まればその声に聞き惚れ、キュンキュンさせられまくりでした。

翔くんは、歌いながらの小さいドラムをたたくパフォーマンス。もちろんただリズムに合わせて叩いていたわけではなく、スティックをくるくるまわし、技で魅せつつのあのエロい歌、「Rolling days」を歌ってくれました!!翔くん!失敗しないで頑張ってね!!と発表会のわが子を見守る親のようにドキドキしつつも、その歌詞のエロさにもドキドキ…完全にやられてしまいました♡♡】

さて次が本題です。

「失敗を笑うな」

ジャポニズムのコンサートが12月17日に福岡ドームにて行われていた時に、事件は起こりました。翔くんのソロで使っていた、小道具であるスティックを演技中に落としてしまう、というアクシデントが起きてしまったそうなんです。スティックを持ったことのある人ならわかると思いますが、あれって汗で簡単に、つるっと滑ってしまうんですよね。バンドの演奏中、スティックが飛んで行ってしまっても演奏を続けられるよう、ドラマーは予備のスティックをすぐ取り出せる位置に用意しているものです。

ドラムスティック

緊張の中、必死に演技していれば汗もかいていたでしょう。スティックが落ちてしまってもおかしくありませんよね。ところが、そのミスが起こった時に笑っていた人がいるというんです。信じられませんね。そういうときに笑う人、小学校くらいでたまーにいましたが、なにこいつ(#゜д゜)って目で見てたもんですよ。それがいい大人が人の失敗を笑うなんて・・・どうかしてます、しすぎです!自分がされたらどんな気持ちかわかるでしょうに。というか自分がされたらいやだからしない、うんぬんの前に、人が失敗しているのを見て笑いたい気持ちなんて起きないですよね。

スポンサーリンク



おそらく、翔くんのファンではなかったんでしょうね、笑った人は。でも嵐のメンバー誰かのファンだから来ていたんでしょうに、どうして嵐全体として応援してあげられないんでしょうか。もしくはファンの友達のチケットが余っていてファンではないけれど軽い気持ちでついてきたマナーのなっていない人だったのでしょうか。とにかくファンでなかったにしても、人の失敗を笑うなんて、人としてどうかと思います。親からまともなしつけを受けてこなかったとしか思えません。

その公演の最後の嵐ひとりひとりの挨拶で、翔くんは失敗したことを謝った上で、笑い声が聞こえたことを伝え、「自分は笑われてもいいけど、頑張っている人の失敗を笑うような大人にならないでください」、と呼びかけたそうなんです。

これがネットで賛否両論でして、翔ちゃんかわいそう、の声から、櫻井翔くん下げのコメントまでいろんな意見が飛び交いました。

普段のマナーの悪さが原因?

かばっている声をあげているのはもちろん櫻井翔くんファンが多数だと思います。また、正論ではあるけども、言わなくていいんじゃないか、空気がぴりっとしたよ、という意見もありました。私はこの場にいなかったので翔くんがどういうニュアンスで言ってどんな空気になったのかはみなさんのレポートを読んで想像することしかできませんが、たしかに「人の失敗を笑う大人になるな」と言われてしまうと空気は気まずいと思います。翔くんファンだからかばいたい気持ちはありますが、それとこれとは別で私個人的な意見です。

そのソロの後にニノが必死に翔くんを笑わせて機嫌を直そうとしていた、という話もありましたし、リーダーがそのあとの挨拶で俺もミスっちゃったとフォローした、という話も知りました。嵐ってこうやって支えあってるんだなぁって思いますけど、翔ちゃん怒っちゃダメ~とみんなが慌ててしまう状況を作るのは良くないんじゃないかとも思います。ミスは仕方ないです。プロでもミスしますから。でも空気を悪くするような言い方はせっかく楽しく来ていた大好きな嵐のコンサートを台無しな印象で終わらせてはいけないと私は思います。

翔くんの言ったことは確かに正論なんですけど、言い方とかタイミングとか大事ですね。笑っておどけてくれたらよかったのかもしれないけれど、そこは真面目な翔くんの性格で、一生懸命練習してきたからこそ、笑いに変えることはできなかったんだと思います。真剣にやってる姿を笑われたら誰だってイイ気持ちはしないですよね。そこをはっきり言うのは翔くんのいいところでもあるんです!

sakuraisyo japonism

私が理解できないのは「笑われたくなかったらミスするな」というコメントがたびたび見られたことなんです。人間なのにミスするななんて無理ですよ?汗ですべるなって無理ですよね?そんなことを言える人はどんだけ完璧人間なんでしょうね。

嵐のファンはマナーが悪い、とよく言われてしまいます。翔くんはそういったマナーの悪い人たちにいろいろ思うところがあり、今回のミス事件だけでなくたまりたまった想いを今回のことをきっかけに注意する形で伝えたのでは、とも思います。翔くんにそんな風に言わせてしまったのは今までの嵐ファンたちの行いの結果なのではないでしょうか。

櫻井翔は不器用で誤解されやすい

賛否両論あったとはいえ、アンチが必死に叩いているのを見るのは滑稽なものです。悪口はブーメラン。相手を批判するときは自分が何か後ろめたいことがあるからするんですよね。みんなネットだといいたいこと言いますから。本音じゃなくてもただストレス発散で書き込む人もたくさんいると思います。アイドルって大変なお仕事ですね。

私は、翔くんの真面目で不器用なところも含めて、好きなので、これからも応援しますよ!誤解されやすいらしい翔くんは度々性格が悪いと叩かれます。翔くんの性格が気になる方はこちらもチェックしてみてくださいね↓

【はぁ?】嵐の櫻井翔の性格が悪いという噂

それでは今日はこの辺で失礼します(*´∀`)

スポンサーリンク



関連記事はこちら!:

2 Responses to “ジャポニズムツアーで櫻井翔がソロ中にミス、笑った人に苦言…”

  1. 平岡千鶴江 より:

    人の不幸?失敗を笑うなんて、良くはありませんね?

    • sakuraisho-ran より:

      平岡様
      コメントありがとうございます。そうですよね。ほほえましい感じで笑ったんじゃないの?という声もありましたけど
      笑われたほうからすればどんな意味であったとしても「笑われた」という事実にはかわりないと私は思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ