嵐の新曲『Sakura』最新累計売上は?初回限定特典に批判殺到?

嵐の『Sakura』の気になる最新売上枚数

2015年02月25日にリリースされました、2015年初の嵐のシングル、Sakura買いましたか?私は初回限定版だけ買いました!

スポンサーリンク



クールなダンスナンバーだし、今回は久々にメイキング映像がついているということで、これは売れるだろうと思ったので、早々と初回限定を予約して押さえていたのですが、最新の『Sakura』の売上累計は今どうなんでしょうか。気になりますね(*゚▽゚*)

Sakuraってどんな曲?

まずは『Sakura』の初回限定盤と通常盤それぞれ、何が収録されているのか見てみましょう。

【初回限定盤】

Sakura/作詞/作曲:eltro/編曲:佐々木博史

Rise and Shine/作詞:100+、mfmsiQ、John World/作曲:Erik Lidbom、you which/編曲:石塚知生

Rise and Shine(オリジナル・カラオケ)

☆16ページの歌詞のブックレット付

☆DVD『Sakura』のビデオクリップ&メイキング付←ここポイント♡

sakura shokai

【通常盤】

Sakura

同じ空の下で/作詞/作曲/編曲:Trevor Ingram

more and more/作詞:HYDRANT/作曲:Daniel Sherman、Katerina Bramley、Robert Hanna/編曲:吉岡たく

Sakura(オリジナル・カラオケ)

同じ空の下で(オリジナル・カラオケ)

more and more(オリジナル・カラオケ)

sakuraCD

画像を見比べてください、メンバーの立ち位置が違うんですね~!なんでだろう~!通常版は山夫婦が前ですね♡

Sakuraは生田斗真くん、小栗旬さんが主演を務める『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』(TBS系ドラマ)の主題歌でした。みなさん、こちらのドラマはご覧になっていましたか?私は見ていません!(笑)

このウロボロスってなんぞや?と思いますよね。ウロボロスというのは

自分の尾をくわえて円環状になる蛇(Weblio辞書より引用)

という意味だそうで、 自分の尾をくわえて…って自分で自分を食べている?自滅?と思ってしまいましたが違うそうで(笑)『永遠、無限』の意味があるそうです。ちなみにウロボロスってこんなのだそうです。↓

uroboros

一匹の蛇、あるいは竜だけのものもあるそうですね。このドラマのホームページでは

『アンビバレントな世界を暗示する』

と書いてありました。アンビバレントと言われてもピンときませんね?(笑)え?私だけですか?(笑)アンビバレントとは【ambivalent】と書きまして、相反する意見や感情を同時に持つことを意味します。ドラマを見ていた方なら、あ~なるほどね~!となるんでしょうね。

『sakura』はこのドラマの為に作られた曲だそうで、確かに歌詞にはアンビバレントを想像させる『光と影が寄り添って』という部分がありますね。マイナー調のアップテンポなダンスナンバーでとてもかっこいい仕上がりになっており、ドラマが始まった頃はまだCDは発売されていないし歌番組でも流れていなかったので、どんなダンスになるのか、と嵐ファンの間ではとても楽しみで話題になりました。

さて、嵐が主題歌を歌うとなると当然嵐の誰かがそのドラマに出ると思いますよね!?それがなぜか今回は出ていない!嵐が主題歌を歌っているのにドラマに出ていない、というのは実は初めてのことだそうで、嵐が出ていないならどっちでもいいや、と思っているうちに初回の放送がいつの間にか終わり、見逃した私はそのままこのドラマを見ることはなかったわけです。あとであらすじを聞いて、おもしろそうだったので、見ておけば良かったと後悔しました。

なぜ今回嵐が出演しないドラマに嵐の歌が選ばれたのか、その起用理由については

佐野亜裕美プロデューサーは「ドラマの登場人物である、イクオや竜哉、美月、それぞれが持つ様々な想いや愛や絆を、 世代や性別を超えてやさしく包み込んで、歌い上げてくれ、 そして、そうしたものを抱えて成長していく主人公たちを、同世代として 後押ししてくれるような歌声は、嵐の持つグループとしての歌声しかないと想い、 楽曲提供をお願いしました」と話す。

とのことです。主演の生田斗真くんは嵐が歌を提供することについて、

この『ウロボロス』というドラマは人を想う気持ちや友情や絆っていうものがテーマになっていて、その中で僕自身、古くからの友人である嵐が楽曲提供という形で参加してくれたのはすごくうれしいことだし、このドラマとしても本当に心強い後押しになったなと思っています。友人の一人として、そして一人の嵐ファンとして、心から感謝したいと思います。嵐のみんな、本当にありがとう!がんばります!

と語っていました。また、このドラマ出演者の小栗旬さんは、嵐が主題歌を歌うドラマに出るのはご本人いわく今回で5本目だそうです。つまり嵐との共演も多いということですね。

スポンサーリンク



 嵐と小栗旬さんとの共演作品って?

Sakuraから話は逸れますが、小栗旬さんの嵐との共演、と聞いてぱっと思いついたのが、恥ずかしながら私、“花男”だけでした。そこで他に何のドラマで嵐の誰と共演していたのかちょっと気になって調べてみました。

こんなにたくさん!嵐との共演作品

『ごくせん』第1シリーズ2002年4月17日~7月3日放送で日本テレビ系ドラマ。松潤が出ていました。主題歌はV6の『Feel your breeze』←嵐ではないですね。

『Stand up!!』2003年7月4日~9月12日放送のTBS系ドラマで主演はニノで主題歌は嵐の『言葉より大切なもの』

『花より男子』2005年10月21日~12月16日放送、 TBS系ドラマ。主演は井上真央さん。その相手役が松潤演じる道明寺司。主題歌は嵐の『WISH』

『花より男子2 リターンズ』2007年1月5日~3月16日まで放送。松潤との共演ですね。主題歌は嵐の『Love so sweet』

『花より男子F(ファイナル)』2008年公開の映画。同じく松潤と共演。主題歌は嵐の『One Love』

『スマイル』2009年4月17日~6月26日放送のTBS系ドラマ、松潤主演で主題歌は椎名林檎『ありあまる富』←嵐じゃないんですね。

小栗旬さんは『僕が嵐が主題歌のドラマに出るのは5つ目』との発言をされたときに、ドラマと限定していましたが、こうやって見てみると、『花より男子F』の映画も含めて、嵐が主題歌を歌う作品、確かに『ウロボロス』で5つ目のようです。

しかし松潤との共演、めちゃめちゃ多いんですね。

今はとても仲が良いそうですが、最初に『ごくせん』で共演したときは、全く仲良くならなかったそうで、後に小栗旬さんは松潤のことを『イケ好かねえやつだな』と思ったと語っています。確かに若い頃の松潤は今よりも尖っていたように思いますね。

matsujun

今となってはそれを笑い話で話せるほどの仲良しな2人の仲良しエピソードとは?

小栗旬さんと山田優さんの結婚式には松潤と、松潤と噂のある井上真央さんも出席したそうです。しかも、ブーケトスでは井上真央さんがキャッチしたという噂です!

yamadaoguri

これは、結婚する気ならいいですが、ジャニーズ事務所のアイドルとしてまだまだ結婚を認めてもらえなさそうな松潤としては気まずかったのでは…2人が付き合っているという噂が本当だとしたら、ですけどね。脱線しましたが、松本潤さんはこの結婚式の時、生田斗真さん、岡田将生さんらと介添人を務め、出し物で嵐の曲を歌って踊ったそうです。ちょっと、いやかなり見てみたいですねー!♡

他にも、小栗旬さんが『嵐にしやがれ』に出演が決まった時、当時嵐は毎回誰がゲストかわからなくて、予測したりするのがオープニングトークだったのですが、出演が決まったことが嬉しくて小栗旬さんは松潤に、今度出るよ!としゃべってしまったそうで、松潤がそれ言っちゃダメなんだよ、と慌てたそうです(笑)

Sakuraの売上最新の累計は?!

オリコンによると、2015年2月25日リリースで2月と3月の売り上げ合わせてなんと514,920枚だそうです。(2月465,381枚、3月49,539枚)50万枚突破、おめでとうございます!♡嵐のシングルCDが首位をとったのは『Sakura』で34作目だそうで、『PIKA★★NCHI DOUBLE』(2004年2月発売)から連続で記録を更新しています!すごいですねー♡

シングルのCDで、特典DVDにメイキング映像がつくのは2010年11月発売の『果てない空』以来ということで、

果てない空CDじゃけっと

最新のメイキング映像付きシングルSakuraのリリースに私たち嵐ファンは大いに期待していました。

・・・、しかし、以前にもちらっと愚痴りましたが、このメイキング映像のナレーションが、ひどかったのです。

『sakura』の特典映像に批判殺到?

いえ、ナレーションが下手だとかではないし、ナレーションの方を批判しているわけではないんです。ただ、ナレーションの声がメインのようになっていて、嵐のメンバーの会話している声が聞き取りづらいんです!!なんでこんな作り方にしたんでしょうか?!

嵐のファンたちからは

『最悪のメイキング』『メイキングの作り方を忘れたのか』

などと厳しい声が寄せられたそうです。そりゃそうですよ。嵐の会話を聞けることがメイキングの楽しみなのに、なんでナレーションベースなんでしょうか。

さらにさらに!PVも嵐がただじっと歌っている映像で、あのSakuraのダンスが見られないんです!!なんだよこれ!これについても嵐ファンからは苦情が殺到したそうです。何考えてんでしょうか。みんな嵐のかっこいいダンス映像が見たいのに!!これを考えたやつ!!誰よ!出てこいや!!!!

でてこいや雛

間違った。可愛すぎた。出てこいや!!!!

高田でてこいや

はぁはぁ・・・( 〇□〇)あまりにも腹が立ちすぎてコーフンしてしまいました。すみません。せっかくの久々のメイキング&PVがこれではがっかりですよね!!もっとファン目線になってメイキングを収録してくれたら、もっともっと、売上は伸びたのではないでしょうか。

今回はメンバーが出演していないドラマの主題歌だけに「ファンじゃない人にもわかるようにナレーションを入れたのでは」と推測する声もあった(excite NEWSより引用)

とありましたが、いやいやいや、ファンじゃない人がわざわざCDなんて買いませんよ、しかも初回限定版なんて、基本的には予約しないと売り切れることが多いのに。メイキングの作り手が変わったのか、間違った戦略に走ったのかはわかりませんけどね。本当に残念です。

ちなみにcyzo womanによると

特典ナシだった前作のシングル『誰も知らない』(昨年5月発売)の初週売り上げは46.2万枚で、4年半ぶりのメイキング映像付きの『Sakura』は46.5万枚。

だそうで、久々のメイキング付き!!とみんな買うのかと思いきや、メイキングなしの前作と最新シングルの『Sakura』の初週の売り上げは大して変わらなかったようです。メイキングがついてようがついてまいが、嵐ファンは常に初回限定を買うよ!ってことでしょうね。

Sakuraとサクラ咲ケ

嵐の春の桜ソングといえばもう一つありますね。『サクラ咲ケ』です。この曲は2005年3月にリリースされました。もう10年前になるんですね。

桜の歌というとたくさんありますがどれも名曲ばかりです。春は卒業シーズンで別れる切なさや新たな門出、出会いへのわくわくした気持ちなどたくさんの想いがあふれる季節だなぁと思います。そして日本の春にかかせないのがですよね。

桜の花画像

音楽情報誌「CD&DLでーた」(KADOKAWA)が、10~30代の男女を対象としてインターネット調査で、『日本人が思い浮かべる「さくらソング」ランキング』を発表しました。その10位までをこちらに載せておきます↓

1位=「さくら」(森山直太朗)

2位=「さくら」(ケツメイシ)

3位=「桜坂」(福山雅治)

4位=「桜」(コブクロ)

5位=「SAKURA」(いきものがかり)

6位=「サクラ咲ケ」(嵐)

7位=「Sakura」(嵐)

8位=「SAKURAドロップス」(宇多田ヒカル)

9位=「さくらガール」(NEWS)

10位=「桜ノ雨」(absorb feat,初音ミク)

早速嵐の最新の曲、Sakuraもランクインしたんですね!♡リリースしたばかりだから、というのもあるでしょうけど、さて、来年もランキングに入ってくるでしょうか。嵐の『Sakura』も今後、桜ソングの定番になると嬉しいですね。『サクラ咲ケ』は10年前の曲なのにいまだに入っています。嵐ファンとしては嬉しいことですね。

私は昔ひとりで東京へ行って、とある研修を受けていて毎日しんどくて辛かったことがあったのですが、その時に入ったとあるお店で、ふと嵐の『サクラ咲ケ』が流れたとき、その歌詞にとても元気をもらったのを覚えています。ファンに元気をくれる嵐って本当に素敵ですよね。

最後に(しつこくも)こちらのMステでの嵐がSakuraを歌ったときの画像を載せておきます(笑)詳しく知りたい方は→【絆創膏王子】大野智、指に怪我?Mステはリハをしっかりして!をご覧ください♡

aashisakura Mstation

スポンサーリンク



関連記事はこちら!:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ