誰の振り付け?嵐のSakuraのダンスがかっこいい!

嵐の新曲『Sakura』のダンスがかっこよすぎる!

ようやく三寒四温も終わったのか、暖かい日が続いていますね。私の近所では昨夜の春の嵐に耐えた桜が見事に満開です。

スポンサーリンク



『嵐』『桜』といえば2015年2月25日に発売され、売り上げも上々の嵐の新曲、『Sakura』が頭に浮かびますね。残念ながらCDの初回限定版の特典DVDには、ダンスは収録されておりませんでしたが、MステでSakuraのダンスを披露し、その振り付けがかっこいい!と話題になっています。

arashi sakura

『Sakura』どんなダンスに仕上がっている?

2月20日、27日とミュージックステーションにて2週連続で『Sakura』を披露してくれた嵐ですが、1週目は大量の桜が吹雪のように舞い散り、最後は嵐が見えなくなるという事態になりましたので、スタッフも適量がわかったのか、いい感じの桜の花びらの降り注ぎ具合だった2週目の放送でどんなダンスだったか少しだけ見てみましょう。

sakura dance吹雪

ちなみに1週目はこれ↑桜の雪崩にも見えますね(笑)2週目のSakuraはこちらから↓

Sakura

メロディが少し流れ一瞬止まる、そして流れまた一瞬止まる。その音楽に合わせて嵐の動きも止まります。この時点でかっこよすぎて期待に胸が高まります。翔くんの表情にきゅんきゅんしますね(*゚▽゚*)

sakurayamahuhu

個人的に好きなのはこの、大野智くんと櫻井翔くんの山夫婦が両サイドから近づいて背中合わせで歌うところです♡

sakuraiohnosenakawase

ohno senakaawasesho

大野君、いい表情していますね♡かっこいいです(●´3`)ダンスナンバーということで、みんなGUTSのようにニコニコしながら踊るのではなく、真剣な表情で、花びらがひらひらと舞う中軽やかにダンスを踊っています。くるくると5人揃って回るところはまさに桜が風でくるくると舞いあがるようなイメージが浮かびました。

sakura2

以前は翔くんばかり目で追っていましたが、大野くんのダンスの凄さに焦点をあてたブログを書いてから、大野くんにも目がいくようになりました。やっぱり切れ味が鋭くてターンも早いです
大野くんが以前ラジオで話していましたが、Sakuraは膝をつく振り付けが多くて、練習の時に膝をガードするサポーターはいるか、とスタッフに聞かれた時にみんなはいらない、と断ったそうです。そして実際に練習が始まると、本当に膝をつく振り付けが多くてみんな膝が痛い痛いと言いながらの練習だったとか。それを聞いていたのでSakuraのダンスでは膝をつけるところに注目してみましたが確かに膝をつく振り付けが多い印象を受けました。大野くん、膝大丈夫だったかな?

『Sakura』は誰が振り付けをしたの?

大野智くんは振り付けもたまに担当しますが今回はしていないと本人が言っていました。では誰の振り付けだったのでしょうか。

ダンスに詳しくない、全くのど素人の私ですが、今回のダンスは手の変わった動きが多いことに気付きました。

ohnobook

↑例えばここの振り付けとか。ここ以外にも指で形を作っていくような振り付けが何度かみられました。
私など『けっ、にわかが!』と蹴散らしてしまえるくらいのコアな嵐ファンたちはこの手の振り付けの特徴から、今回の振り付けはこの人たちでは?と予測していました。その予測された人たちというのが左(HIDALI)というグループ。しかもそれが正解だったとのちに判明したのです。すごい!こちらが左(HIDALI)↓

hidali

ご存知ですか?失礼ながら私は全く存じ上げず、早速調べてみました。初め聞いた時は左さんという名前の方かと思ったのですがダンスの振り付け師兼ダンサーと、音楽家で構成された5人組みのグループなんだそうです。この振付家ユニット『左(HIDALI)』を立ち上げたのが野口量さんという方。

野口量左

wikipediaによると野口量さんは

ダンスパフォーマンスユニットWORLD ORDERの元メンバー兼チーフコリオグラファー(チーフ振付師)であり、楽曲の振付けやLIVEでの舞台演出を担当。2013年4月30日をもってWORLD ORDER を脱退し、『左(HIDALI)』」での振付家活動に専念。現在に至る。

とのことです。WORLD ORDERといえば、元格闘家の須藤元気さんがダンサーたちと共に結成したダンスグループです。

world order

CMなどで見かけたことがある方もいらっしゃるかと思います。私もこのグループのダンスなら見たことがありますが、このグループにいた野口量さんが左(HIDALI)の代表であると言われたら、なるほど、Sakuraの振り付けと似た系統だと納得しました。

facebookでは左(Hidali)のアカウントが

2/25に発売された 嵐 新曲”Sakura”の振付を左が担当しました!

何が凄いってずっと成長し続ける姿勢と、明らかな新ハードルを次々に飛び越えていくその跳躍力、フィールドこそ違えどかっこいい背中が前にあるのは幸せです。今夜のMステ、お見逃しなく!!

と投稿しています。嵐のことを褒めてくれているのは嬉しい限りですね♡

スポンサーリンク



左(HIDALI)が他にどんな振り付けをしてきたのか気になる!

『Sakura』の振り付けが左(HIDALI)だということはわかりました。ではこの、左(HIDALI)『Sakura』以外にも嵐にどんな振り付けをしてきたのか気になりますね。ここで出しておきたいのが梨本威温(なしもと たけあつ)さんの名前です。梨本威温さんも左(HIDALI)のメンバーなのですが、なんとこの方は元ジャニーズJr.なのです!この梨本威温さんが『GUTS!』の振り付けも担当していたとツイッターで、つぶやいていらっしゃったようです。
『GUTS!』といえば、ニノが先生役をした『弱くても勝てます』のドラマの主題歌になった曲ですね。歌がいいのはもちろんのこと、Mステで披露したダンスがこれまた可愛くて、何度もリピートして見たくなる振り付けなんですよね(=´∀`)

GUTS!

この歌を披露中、翔くんが、片足で立つとこの振り付けで1人だけちょっとぐらぐらしていたのが印象的で、『翔くん!筋肉もいいけど体幹鍛えて!(´Д`;)』と心配になったものです(笑)

話は戻りますが左(HIDALI)は『誰も知らない』や、松潤のソロも手掛けているそうです!梨本威温さんは、Jr.時代松潤と仲が良かったそうで、こういった形で一緒に仕事ができるというのはきっと2人にとって嬉しいことでしょうね。

踊りたい!!

今回初めて『左(HIDALI)』の存在を知った私ですが、嵐のSakuraの振り付けがとてもかっこよかったし、須藤元気さんのWORLD ORDERのパフォーマンスは前から惹きつけられて好きだったので、これから注目していこうと思います。

今までなんとなく嵐を見ていて、ダンスも『かっこいいな~』とただただ見とれていただけだったので、この人が振り付けだとこんなダンスになる、なんてことにはずっと無頓着でした。こうやって嵐のことを知れば知るほど、注目すべき部分が出てきて、さらに嵐を別の角度からも楽しめるんですね。

『GUTS!』の可愛いダンスも大好きなんですが、『Sakura』のかっこいいダンスも、ため息が出るほど見とれてしまいます。すぐにダンスを真似したくなるのが私の癖なんですが、下手の横好きとはよく言ったもので、運動音痴なので全く踊れませんミ(ノ_ _)ノ=3

でもいいんです。運動音痴なりに、誰に見せるわけでもないので、テレビの前で好きに踊ったりするのです(笑)外から誰かに見られたら死ぬほど恥ずかしいです。(嵐の裏の小説を読んでいたと家族にバレるくらい恥ずかしいです)しかし今回の『Sakura』の振り付けは私には高度すぎて全く真似できません(ノД`)

ohno-up msta

踊れないので、Mステの大野くんのアップの顔真似だけ完コピしときたいと思います。

『Sakura』の気になる売り上げはこちら♡↓

嵐の新曲『Sakura』最新累計売上は?初回限定特典に批判殺到?

スポンサーリンク



関連記事はこちら!:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ