嵐のコンサートin仙台、事前の評判は…日程も悪かった?

嵐の東日本大震災復興支援コンサート「ARASHI BLAST in Miyagi」が与えた影響とは?

今年、仙台で開催されたARASHI BLAST in Miyagiという名前の嵐のコンサートは大盛り上がりだったのですが、このコンサートによって裏では様々なところに影響を与えていました。

スポンサーリンク



私たち嵐ファンにとっては、あまり悪く言われるのはいい気持ちはしませんが、この嵐の仙台でのコンサートが与えた影響の中には「嵐のせいで」といった悪意のある書き方の記事もあったりし、いろんな意味で話題になりました。一体どんな影響があったのでしょうか。

復興支援コンサートだけどその経済効果は…?

2015年4月、嵐のコンサートが仙台で行われる、と突然の発表がありました。その日程は、9月の19日、20日、22日、23日の4日間。東日本大震災復興支援コンサートということで、宮城県の村井嘉浩知事が「被災地に笑顔と元気を与えて欲しい」と、嵐を仙台に呼ぶことに決めたんだそうです。

ARASHI BLAST in Miyagi

そしてこの嵐の仙台でのコンサート開催と日程の発表が行われた瞬間、仙台周辺どころか、宮城県内、すべての宿泊施設に予約が殺到し、あっという間に予約困難な状況になってしまったそうです。私はまだまだ嵐のファンとしては甘いようで、それを知った時驚きましたよ。まだ、コンサートに応募もしてないし、だからチケットが当たってもない段階で、みんなホテルをおさえるんだ?!?!?!と。先に宿泊先はおさえるだけおさえて、はずれたらキャンセルするってことですよね?みなさん用意周到ですごすぎます!!

…と思っていたら、どうも嵐ファンたちだけが殺到してあっという間に予約がいっぱいになった、というわけではなさそう。嵐のコンサートに行きたい人が予約したのではなく、嵐を金儲けに利用している、テンバイヤー(転売屋)と呼ばれる人たちが、さっさとホテルを予約し、ホテルを探している嵐ファンたちに高値で転売していたというのです!!なんと…チケットだけでなくそんなことまでするんですね、あいつら…。しかも宿泊施設だけでなく、ネットカフェの予約まで買い占めているんだとか。その結果、通常の宿泊料金の2~3倍で買う嵐のファンたちが出てきて、テンバイヤーはうはうは状態に…。

waruihito

仙台に嵐ファンが殺到する、ということで、仙台にもたらされる経済効果は相当なもの、と予測され、ハワイでの嵐15周年コンサートを上回る93億円とも言われていると一部ネットでは書かれていましたが、実際嵐のファンがお金を遣うのは嵐のグッズに対してなので、仙台の一般のお店などでは大して嵐バブルの経済効果は見込めない、という意見もみられました。

シルバーウィークという大型連休の日程に、宿泊地から、嵐のコンサートが行われるひとめぼれスタジアム宮城へと往復するだけで、間で降りて観光にお金を使ったりしそうにないと思われる、そんな嵐ファンたちが殺到するせいで、一般の観光客、特に海外からの人たちが宿泊先がないので来られない=宮城にお金を落としてもらえないというわけで地元の人たちは、嵐のおかげで人がたくさんきて儲かった!というわけにはいかなかったようですね。

仙台コンサートでの気になるセトリは?

仙台の地元には歓迎されていなかったらしいARASHI BLAST in Miyagiですが、もちろん見に行けたファンにとってはとても楽しい時間だったよう。行けた人は復習で、行けなかった人はどんなセトリだったのか見ていってくださいね。

スポンサーリンク



1.ワイルドアットハート

2.PIKA☆NCHI

3.Happiness

4.Trouble maker

5.Love rainbow

6.青空の下、キミのとなり

~シャッフル挨拶~

7.じゃなくて(相葉ちゃんソロ)

8.20825日目の曲(ニノソロ)

9.Oh!yeah!

10.言葉よりも大切なもの

11.Zero-G

12.感謝カンゲキ雨嵐

13.Love so sweet

14.きっと大丈夫

15.Bittersweet

~MC~

~嵐祭りメドレー~
16.ハダシの未来
17.CARNIVAL NIGHT part2
18.GUTS!
19.ファイトソング

20.Comeback to me(松潤ソロ)

21.Hip pop Boogie chapter2(翔くんソロ)

22.two(大野くんソロ)

23.Endless Game

24.Believe

25.Monster

26.Your eyes

27.One Love

28.Breathless

29.Sakura

30.PIKA☆☆NCHI DOUBLE

31.迷宮ラブソング

32.サクラ咲ケ

33.A・RA・SHI

~挨拶~

34.果てない空

~アンコール~
35.愛を叫べ!

36.エナジーソング

37.ユメニカケル

ヤバイ、これ結構好きなセトリかも…。通常のアルバムを発売した上でのコンサートツアーだと、そのアルバムの歌を中心にやりますが、今回の仙台でのコンサートは通常のツアーのものではないので、今までの嵐の歌の中で盛り上がったり人気だったりする歌がセトリになったんでしょうね。

ところで上のセトリを見てお気付きになりましたか?今回、シャッフル挨拶というものがありました。それは何かというと、嵐のメンバーが最初に会場のみんなに挨拶をする時には、それぞれがいつもする挨拶スタイルがあるんですよね。それをメンバー間で

松潤
「俺らが5万2千人幸せにしてやるよ」は相葉ちゃんが。
ニノ
「いらっしゃいませー!いらっしゃいませー!嵐が来たぞ!楽しんでいけんのか?」は翔くんが。
相葉ちゃん
「ねえ~盛り上がってんの~?」はニノが。
大野くん
「はぁ~い!はぁ~い!宮城祭りでい!よろしくー」は松潤が。
翔くん
「宮城調子はどうだー!上の方調子はどうだ!セイ嵐!もっと!」は大野くんが。

というようにシャッフルして挨拶したのですが、そんなおもしろいことになったきっかけは、嵐メンバーたちの間で「歌だけでなく、俺たち、挨拶のおなじみ感があるんだね、シャッフルしたら楽しそうだね」、という話になり、このような形の挨拶になったそうです。いや~これめっちゃ見たいです!!これはコンサートDVD買わないといけませんね~!!♡

ニノが謝った?大野くんも謝った?

嵐のコンサートの為に殺到するファンの予約で仙台はおろか、隣りの県までも宿泊施設がいっぱいになったことにより、日程を9月20日に予定していたタモリカップ(タモリさんが開催するヨットレース)2015東北大会がその予定日の1か月前に中止になったそうです。タモリカップのパーティのスタッフなどの宿泊先が確保できなかったから、が原因だった模様。この為、ニノがタモリさんに謝ったそうなんですが、

「嵐のせいじゃないから気にしないで。嵐の方が先に決まってたんだから」

とタモリさんは言ったそう。タモリさん、いい人だな~♪(●´∀`)

また以前にも書きましたが、今回の仙台でのコンサート日程の直前に、大野くんの熱愛報道がでてしまったことから、大野くんは異例の、コンサート会場にきていた取材陣に対して「僕の軽率な行動でファンの皆様を悲しい気持ちにさせてしまったことを反省し、申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝るという行動に出ました。コンサート中も元気がなく、しかしファンサービスはたくさん行い、最後のあいさつでは涙ぐんでいたというのだから泣けます…。詳しくはこちらをご覧ください⇒【画像有】大野智、熱愛フライデーされた!・・・からの破局?

抱かれたくない男にランクイン?

しかし今回の大野くんの熱愛騒動のことで、傷付き、離れてしまったファンも少なからずいたようで、週刊女性の『抱かれたくない男ランキング2015』にはなんと4位に大野くんの名前がランクインしていたのです!!

う~ん、可愛さ余って…ってやつでしょうか。わからなくもないけど、もっと、生理的に抱かれたくない気持ち悪い人(←失礼)もたくさんいるでしょうに、そこであえて大野くんの名前を出す心理がちょっと怖いです。『付き合いたくない男』ならまだわかるんですけどね。裏切られた!大野には抱かれたくない!!って、わざわざ大野くんの名前を出すってなんか変でしょ?(笑)例え今回のようなことがなくて大野くんが裏切ってなかったとしても、大野くんのほうが、そのアンケートに答えている人を抱くことなんてほぼ0パーセントですからね(笑)

いや、そもそもそれは大野くんに限らず名前の挙がったタレントさんみんなそうでしょうけど。

inoue

そう考えるとかなり失礼なアンケートですよね、『抱かれたい男ランキング』だけにしておけばいいのにね。

嵐に会えるならどこまでも

仙台で嵐がコンサート!と発表があった時、そんなところまでいけないわ、と思い、応募しなかったのですが、結局先日北海道まで嵐を追いかけてコンサートに行ってしまったのですから、愛があればどこまでも行けるんだ、と我ながら驚きました。宮城県は嵐嵐でバスの通常行き先を示す電光掲示板が以下のようだったり、

arashi sendaibus

などの粋な演出をたくさんしていたようで

ファンは仙台でのコンサートだけでなく、道中も楽しめたことと思います。今回は地元民に迷惑がかかったなんて言われてしまいましたからまたやる時は、そこのところを解決してほしいですね、せっかくやるのに批判されたら嫌ですからね。

それでは今日はこのへんで~!

スポンサーリンク



関連記事はこちら!:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ