二宮和也の父親は郡山が実家?職業はあの有名な…

今日は初めてのニノちゃんブログ!

嵐の櫻井翔くん、そして山夫婦のファンな私ですが、今日は二宮和也くんについて、というか特に二宮和也くんのお父様の噂について書きたいと思います。

スポンサーリンク



二宮和也と聞いて思い浮かぶものはなんでしょう。ヤジ?おしゃべり?ゲーマー?マジック好き?俳優として素晴らしい演技力を見せたり、ピアノを弾きながら歌って女の子をきゃーきゃー言わせたり、次々と芸能界の美女を彼女にしたり…二宮和也くんの人を惹きつける才能たるや、さすが国民的アイドルという感じですね。

nino

そんなスーパーアイドル、二宮和也くんのお父様ってどんな方なのでしょうか?気になる噂に迫ります!

まずは気になる二宮和也プロフィール

私は嵐のメンバー全員大好きです♡どこぞのアイドルグループみたいに自分の推しメン以外叩いたりヤジったりするのはおかしいと思っています。まぁあのグループはグループ内で競わせてるからそうなってしまうのも仕方ないでしょうけど・・・。私は翔担ですが、もちろんニノも大好き!でもニノのプロフィールなど詳しくは知らなかったりします。というわけでまずはニノのプロフィールから調べてみました。

ninomiya

名前:二宮和也

生年月日:1983年6月17日

血液型:A型

出身:東京都                    (Jhonny’s netより引用)

1996年6月にジャニーズ事務所に入りました。ニノのいとこさんが勝手に送った履歴書が書類審査を通ったそうです。すごいですね。このいとこさんがこんなことをしなければ今の嵐はないってことですから。ちなみに審査が通っても、面接を受けにいく気はなかったのですが、お母様に5000円あげるから行けといわれていったとか(笑)お母様もニノにジャニーズに入って欲しかったんですね(●´∀`)

ニノの趣味は・・・

オタク気質のある二宮和也くん。ハマると突き詰める性格のようで、ニノがすごいゲーマーだというのは周知の事実でしょう。休みの日は一日ゲームをしていたりするというのだからびっくりです。

ギターも得意です。作詞作曲もしていてそれがまたいい曲が多いんです。ジュニア時代に始めたそうなんですが、きっかけはタッキーにバックで演奏して欲しいと頼まれたからだそうです。当時ニノはベースは弾けたけどギターは弾けなかったそうなんですが、タッキーが勘違いしてニノはギターも弾けると思って頼んだそうで、頼まれてから1ヶ月猛練習してタッキーのコンサートに間に合わせたそうです。さすが器用なニノでギターの腕前もかなりのものです。あの長淵剛さんもバラエティ番組でニノのギターをぽろっと褒めていましたね♡

ninoguitar

そしてマジックも得意です。たまたま女芸人たちが飲んでいたお店にやってきたニノが、女芸人たちの席に来て、マジックを披露してくれた!!・・・頼んでもないのに!ってVS嵐で森三中の黒沢さんが先日言ってました(笑)常にトランプを持ち歩いているようですね(・∀・)

二宮和也の父親って?

二宮和也担当の人の中には家族構成を知りたい!という方も多いようです。ニノの家族はご両親とお姉さんだそうですが、弟がニノなんてなんて羨ましい話でしょう!!なんて呼ばれてるのかな。姉貴?姉ちゃん?♡♡(¯﹃¯*)あ~萌えますね♡(¯﹃¯*)いや、実際に兄弟だったら弟に萌えたりしないですけど(笑)ちょっと妄想に突入しそうだったのですが、今回はお父様について、でしたね!

二宮和也の父親は福島県の郡山が実家だ!という情報が一部ファンの間で飛び交っています。静岡説もあるそうですがどうも郡山の方だ、と結論づける人が多いようです。

郡山市ってどんなところなんでしょうか?郡山市は福島県の中心に位置し、東北新幹線の駅がある交通の要衝なんだそうです。

kooriyama

観光するようなものは何もないよ!なんて意見もあるようですが、国の天然記念物指定も受けている入水鍾乳洞やキャンプなどが楽しめる、日本第4位の湖、猪苗代湖、桜の景色が圧巻な翠ヶ丘公園など自然を楽しめるスポットがあるようですね。

ちなみにこれが翠ヶ丘公園↓

翠ヶ丘公園桜

これは見事ですね~!(*゚0゚)しかし、ニノのお父様が本当に郡山が実家なのか情報源が見当たらず、実際のところは、個人情報なのでわかりませんが・・・。

スポンサーリンク



ちなみにちょっと調べてみました郡山市出身芸能人☆

たんぽぽの白鳥久美子さん

shiratorikumiko

女優の芦名星さん

芦名星(あしな せい)

西田敏行さん

nishidatoshiyuki

斉藤暁さん

saitosatoru

などなど知らないだけで有名な方が意外といるようですね。ちなみにニノのお父様は郡山出身との噂ですが二宮和也くん自身は東京都出身です。

ニノといえば、演技力抜群で、ドラマや映画ではいつものキャラクターとは違ったいろんな表情を見せてくれますね。そのギャップにまたキュンキュンすうるわけですが、そんなニノが今まで親子役で共演した俳優さんたちを調べてみました。

『青の炎』

山本寛斎

櫛森 秀一(二宮和也)の母親が再婚した相手という設定の曾根 隆司役を演じたのは山本寛斎さん。後に母親は離婚したのですが、その元夫が戻ってきて…というストーリーでニノの本当の父親役ではありませんが、継父を演じました。

ちなみにこの山本寛斎さんはあの伊勢谷友介さんと異母兄弟なんだそうです!山本寛斎さんと伊勢谷友介さんは年の差が33歳!そして2人の父親はバツ6という噂…相当女性にモテる方だったようですね。

『フリーター、家を買う』

takenakaknaoto

二宮和也演じる無気力、やる気なし甲斐性なしだった青年、武 誠治が仕事に対する向き合い方が変わったり、家族再生に向けて頑張ろうと成長していくストーリーですが、その家族の中でニノの父親役を演じたのが竹中直人さんでした。アドリブが多く共演者泣かせと言われている竹中直人さんにニノも苦労したようです。ちなみにニノは竹中直人さんを『直人くん』と呼んでいます(笑)さすがです(笑)

『流星の絆』

terashimasusumu

両親を惨殺された兄弟が犯人に復讐をしようとするストーリーなのですが、その二宮和也含む兄弟の父親役だったのがこちらの寺島進さんでした。このドラマでは二宮和也演じる功一の兄弟役が関ジャニ∞の錦戸くんと戸田恵梨香さんということで初回視聴率も良かったようですが、回を重ねるごとにだんだんと落ちてきてしまったそうです。でも現場はいい雰囲気で楽しくやれたみたいで、ニノは

「いやはやビックリするくらいにあっという間でした。それは現場の空気がよかったんでしょうな」(Johnny’s Webの連載より引用)

と語っていたようです。う~ん。女好きの錦戸くん、いまや『エリカ様』と呼ばれる女優戸田さん、そしておしゃべりなニノが揃うこの現場ってどんな雰囲気だったんでしょうね、覗いてみたいです(笑)

二宮和也父のご職業は…

二宮和也くんの家族については、櫻井翔くんのようにお父様の職業が官僚だったり、妹さんの職業がテレビ局社員だったり、のような名前が出る職業ではないので、あまり情報は流出していないようですが、お父様のご職業については語ったことがあったようです。ニノのお父様はかつて服部栄養専門学校で教師をされていたそうで、お母様も同じ学校で働いていたそうです。

服部栄養専門学校と聞いてもピンとこない方もこの画像の方は見たことがあるのではないでしょうか。

hattoriyukio

学校法人 服部学園服部栄養専門学校 理事長・校長の服部幸應さんです。嵐の番組にご出演されたこともありますね☆

ニノが小さい頃はお父様は夏になると長期単身赴任をされていたので家におらず、ニノは親は離婚していると勘違いしていたんだとか。そんな父親と2人になると、何を話せばいいか話題に困ったそうで、早く母親が帰ってこないかな~、と思っていたそうです。

あのニノが話題に困るお父様ってどんな方なんでしょうね。

SH380214

ちなみにニノは職業を聞かれると必ずアイドルだと答えるそうで、俳優のお仕事も『嵐の二宮和也』としてもらえているからだ、という謙虚な気持ちからそう答えるんだそう。売れると天狗になりがちな芸能界で、あんなトップアイドルになってもそう思えるというのはなかなかできることじゃないと思うんです。この話からニノの性格の良さが伺えますね。

 実はニノが気になっている…

翔くんファンな私ですが、実は二宮和也という男もとても気になっているんです。浮気でしょうか(笑)

嵐はみんなかっこいいしみんな大好きですがニノが気になるのは、あのバラエティで見せるキャラクターのせいなのかもしれません。嵐のトークがいつも盛り上がるのはニノがすかさずツッコミを入れるからだと私は分析しています!(←分析というほどたいそうなことはしていませんが・笑)頭の回転が速いんでしょうね、すぐに的確なツッコミしますよね。そして何事も突き詰める性格なのも魅力的。ニノみたいなオタクならウェルカムです(○´ω`)♥一緒にゲーム何時間でも付き合えます!これをいうとDTボーイズたちには*ただしイケメンに限るだろ、と言われそうですね。確かに顔も大事ですがニノがオタクらしくないのはあの長けたコミュニケーション能力があるからだと思います。あの馴れ馴れしい感じで俳優の大御所たちに絡んでいくニノを見るといつも冷や冷やすると同時にすごいな~といつも感じます。

これからもそんな二宮和也に注目していきたいと思います♡

スポンサーリンク



関連記事はこちら!:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ